ファーストサーバ、シェアリングサーバをリニューアル、2ラインナップ構成で提供

ファーストサーバ、シェアリングサーバをリニューアル、2ラインナップ構成で提供

ファーストサーバ株式式会社は、共有サーバサービスをリニューアルし、

うち小会社のビジネスニーズに対応する新たな2ラインアップ構成として、提供する。

 

「ビズ・シリーズ」では、サーバ機器/インターネットワーク/メカニズム構成等、

サーバ利用時の快適性を重視したサービス構成が採用されて居る。

 

複数ドメイン名により複数HPを運用出来る機能や、

メールウイルス対策、優れた精度のスパムチェック機能

"Cloudmark Authority for ASP"を標準搭載している。

 

IMAP(Internet Message Access Protocol)にも対応している。

 

又、DB「MySQL」を標準搭載しているほか、サイボウズ株式式会社のグループウェア「サイボウズ Office 8 for ASP」を利用でき、「サイボウズ Office 8」とWeb DB「サイボウズ デヂエ」のライセンス版を容易にインストール出来る機能等も搭載している。

又、Webアプリケーションを容易にインストール出来る機能が標準搭載され、

オープンソースのブログツール「WordPress」のインストール機能が

12月15日より提供されるほか、

 

ブログソフト「Movable Type」やオープンソースの

ECHP構築パッケージ「EC-CUBE」等への対応が予定されている。

導入時の無償電話機バックアップも用意されている。

 

「エコノミー・シリーズ」は、メールウイルス/スパム対策を標準搭載し、

「MySQL」に対応している。

 

「ビズ・シリーズ」ではディスク容量10GBのコース「バリュー」と

20GBの「スタンダード」、30GBの「スーパー」が、

「エコノミー・シリーズ」では10GBの「エントリー」と40GBの「メジャー」が用意されている。

 

「メジャー」は提供が開始されており、

その外のコースは12月15日より提供される。

(提供開始時に一部分仕様が変更に成る状景合が有る)

タグ

2009年10月29日|

カテゴリー:News