GMO-HS、使い道に応じた3プランから選べる『VPS スターターシリーズ』スタート

GMO-HS、使い道に応じた3プランから選べる『VPS スターターシリーズ』スタート

GMOホスティング & セキュリティ(GMO-HS)は11日、低値段仮想専用サーバ(VPS)『VPS スターターシリーズ』の提供を開始した。ユーザのおもな利用スタイルに応える3プランを用意。月額1,890円から利用出来る。

VPS スターターシリーズは、GMO-HSが従来提供して居るホスティングブランド「ラピッドサイト」のVPSコースにおけるおもな用途を3種類のプランとして構成したもの。全機能をカスタマイズ出来る「S01」、ブログシステム「Movable Type」が導入済みの「M01」、ECサイト構築システム「EC-CUBE」が導入済みの「E01」の3プランを提供する。

利用料金は、初期費用が5,250円、ディスク容量10GB/メモリ容量512MBで月額1,890円から。同サービスの開始にとも無い、2009年11月4日から11月30日迄の申込者を対象に初期設定費用を全額キャッシュバックするキャンペーンが実施される。

 

オススメレンタルサーバ ラピッドサイト

タグ

2009年11月13日|

カテゴリー:News