たった一台のサーバーからクラウドへ!明日を目差した六年がlivedoor Blogを発展させた

たった一台のサーバーからクラウドへ!明日を目差した六年がlivedoor Blogを発展させた

プライベートからビジネスに至る迄、インターネットの情報発信の場として今では当たり前のように使われて居るブログサービス。そんなブログを誰もが手軽に使えるように国内でいち早くサービス提供したのがライブドアの「livedoor Blog」だ。

livedoor Blogは、2009年11月2日に6周年を迎え、7年目に突入して居る。現在では各社がイロイロなブログサービスを提供して居るが、信頼性やテンプレートの豊富さ、カスタマイズのしやすさ等から、livedoor Blogを愛用する人は多い。

livedoor Blogは「WEB OF THE YEAR」を受賞する等輝かしい歴史を歩んできたようにみえるが、今日に至る迄にはイロイロな苦難の道のりがあった。

そこで今回はlivedoor Blog 6年間の激動と発展の歴史を開発者によるエピソードとともに振り返ってみよう。

■ブログが社会に認められた911事件
現在のブログは、個人の情報発信の場だけではなく、企業や政治の活動の場として積極的に活用されて居る。そんなブログの出だしは、自分が気になったニュースやサイト等のURLを、寸評つきで紹介した英語のウェブサイトとされて居る。その後、BloggerやMovable Type等のブログ用ツールが登場し、2001年の911(アメリカ同時多発テロ)事件でブログが身内や知人の安否を確認するための情報ツールとして活躍し、既存メディアに無い情報発信力が社会に認められ、ブログは定着した。

■livedoor Blog誕生
livedoor Blogは、日本で初のブログサービスとして、2003年11月にβ版を公開。12月より正規サービスが開始された。2005年11月にはブログ新設数100万人を突破し、2008年12月の5周年目には260万人に迄増加。そして現在は310万人と日々成長を続けて居る。

現在のlivedoor Blogは、発言力の有るアルファブロガーが集まるブログサービスとして注目を集めており、業界でもトップクラスのサービスに成長して居る。

■たった1台のサーバからクラウドの世界へ エンジニア魂がサービスを生み出した
「最初はサーバ1台から出だしました」と、ライブドア 執行役員 CTO 池邉智洋 氏はlivedoor Blogを立ち上げた当時を振り返る。

livedoor Blogは、ライブドアをポータルサイトとしてリニューアルするプロジェクトの一環として、滑り込みで企画されたサービスだったそうだ。この為立ち上げ迄の作業期間は、約1ヶ月と言う短期間だったいうから驚きだ。

当時のブログを取り巻く環境は、有志による MovableType の日本語化等がおこなわれていた。ブログ流行の兆しはあったもののネットサービスとして本格的に提供する為にはサーバを用意する必要等もあり、通常の人がサービスとして提供することは難しかった。
ライブドアのエンジニアたちも同様に其れらのツールを使っていたわけだが、「自分たち的にも便利だしやろうよ」とエンジニア魂のモチベーションに火がつき、今日のlivedoor Blogの原型が出来上がったと言う。

池邉氏は、livedoor Blogのオリジナルサービスと言う価値から投入をしたと言う。
「ライブドアをポータル化すると言う大目標はあったものの、オークションとか、ニュースとか、Yahoo!を意識したコンテンツばかりで、オリジナルなものが無いと言う状況だったこともあり、ライブドアとしてのオリジナルサービスとして投入しました。」

■巨大トラフィックとの戦いの日々
順風満帆のようにおもわれたlivedoor Blogにも、苦難のときはあったと言う。
使用者増加に伴うトラフィック増大がもたらしたサービス傷害だ。当初の想定よりふくれあがった使用者数による巨大なトラフィック問題が発生したと言う。

多くのブログサービスが苦しめられたこの難局を、ライブドアはどうやって乗り超えたのだろうか。

池邉氏によると、試行錯誤を繰り返してlivedoor Blogの運用に取り組んできたと言う。サーバ1台の構成から出発し、MySQLマスタースレーブ構成に移行。MySQLも限界に達しようとしたころに商用DBを導入して、負荷を一旦は軽減できたと言う。

ところが、早速負荷による動作が重くなり商用ストレージを導入し、商用DB +memcached構成に移行した。その商用DBでさえ限界に達し、MySQL分散構成 + memcachedに移行して現在に至って居るとのことだ。商用ストレージは経費が高いことが難点だが、商用製品で時間を稼ぎつつ独自技術の開発を行ってきたと言う。

「データセンターに泊まりで作業したときに、データ移行の待機の時間の間に床で寝たら死ぬほど寒かったです。」と、池邉氏は苦笑しながら当時のハードな日々のおもい出を語ってくれた。

また池邉氏は、このような当時のハードな日々のエピソードを明かしてくれた。
池邉氏が作業明けで自分の席で寝ていたら、当時の社長 堀江氏が大丈夫かと確認しに来たそうだ。けど、池邉氏は、あまりの眠さから「大丈夫だから寝て居ます」と言い放ち、堀江氏は納得して帰ったそうだ。その光景をみていたまわりの人たちは、池邉氏の態度に堀江氏が激怒するのでは無いかと冷や冷やであったと言う。

■日本一のブログへ
livedoor Blogが通常の人に認知されたキッカケのひとつには、ソフトバンクパブリッシング株式会社 Yahoo!Internet Guide編集部主催の「Web of the Year」が有る。

「Web of the Year」は、1年間を振り返り、話題に上ったサイトや有名、人気サイトの中から、インターネットを利用して居る人の投票によって「ベストサイト」を選ぼうと言う企画だ。投票は、話題賞・プロバイダ賞と言う特別賞と、ウェブサイトのカテゴリごとに競う部門賞に分けておこ無い、さらに各賞の中から、その年を象徴するサイトを「年間総合大賞」として選出する。

livedoor Blogは、2004年の「Web of the Year」において、新人賞 第3位を受賞。名実ともに当時、日本一のブログと言う評価を受けた。

■新たな飛躍 収益化の成功へ
現在、livedoor Blogは単成るブログサービスだけではなく、プラットフォームとしてのブログへと進化をはじめて居る。

ブログビジネスや情報発信のプラットフォームとして、livedoor Blogをバックボーン提供した「新キラメ★100ブログ」も新設して居る。多くの問題解決の経験と培った技術が、こうしたブログ運用の高い信頼性と言う評価を獲得して居ると言う。

安全にサービスのキープや情報を発信する道具としてブログを利用するだけではなく、収益をあげられるブログ運営にも協力して取り組みをして居ることもlivedoor Blogの大きな長所と評価にもなって居る。
こうしたブログでのマネタイズに協力する取り組みが、個人ブロガーや小学館といった大手企業にも受け入れられ、利用されはじめて居る。

又、livedoor Blogではブログのポリシーやステイタス向上にも力を注いで居ると言う。知的メディアのプラットフォームとして、ブロゴスやITライフハックに代表される情報発信する新しいブログメディア創出の取り組みも積極的に開始しており、利用者の満足度の高いメディアへの変貌が進められて居る。

インターネットでは日々技術が進歩して居るが、其れと同様に、livedoor Blogも6年の歳月の間、新しい取り組みに挑戦し、今もその歩みを続けて居る。livedoor Blogが、多くの個人だけでなく企業を飽きさせ無い秘密は、そういった明日を目指した「魂」に有るのだろう。

2009年12月 2日|

カテゴリー:MovableType(MT), News